メイン画像

私たちの思い


過去のセミナー参加者1000名以上、施術実績10万人以上

不妊・マタニティケアのパイオニアとして18年間臨床に携わる銀のすず院長 鈴木元が不妊や妊活に関わる鍼灸、整体など手技療法の実技から、古典中医学、分子栄養学を含む知識、さらには最新メソッドの幹細胞上清液と鍼灸の併用について分かり易くお伝えいたします。
受講者は40名に限定し、定員に達し次第二度と行う予定はありません。
意欲のある鍼灸師、鍼灸学生の受講をお待ちしています。
10年ほど前、正しい知識や技術を伝えることを目的として、一般向けや鍼灸学生・施術家向けのセミナーを多く開催していました。
その後は目の前の患者さんに集中するため、今日に至るまで一切のセミナー活動を行いませんでした。
しかし、SNSやインターネットで鍼灸師による間違いだらけの情報発信を目の当たりにして、鍼灸が衰退してしまう危機を感じ、鍼灸の持つ素晴らしさを正しく伝えるためもう一度だけセミナーを行うことに決めました。

間違った情報によって妊娠を望む方々や妊婦さん、ご家族が不利益を被ることは防ぎたい。

間違いだらけの情報発信。実は20年前、学生時代の私も同じでした。
その頃の私は、先人や教科書の情報を鵜呑みにして裏付けをせず、実践していたのです。
昔から言われていることだから検証しなくても良いと思い込んでいました。
しかし、私たちには個体差があり、昔と今とでは状況も異なります。
妊活も、妊娠も、出産も、育児もそれぞれです。
つまり、個体差を考えた上で情報を精査・吟味し、個々に対して実践するには、施術者は膨大な知識とそれを正しく使いこなす能力が必要となります。
とても大変なことなので、見て見ぬふりをしたかったのだと思います。

それが間違いだと気が付いてから、常に学ぶことを止めず、個々に合わせたオーダーメイドの治療を行うことを現在も続けています。

今回、再びセミナーを開催する目的は、個々を考えながら正しい情報を発信し、的確な施術を提供できる本物の施術者を育成することです。

不妊症に勝つ戦略と実践

ニーズ

はじめに

不妊ケア・マタニティケアはこれからの日本の未来のためにも、必要であることは言うまでもありません。
日本は不妊治療件数こそ先進国随一でありながら、妊娠率は最下位です。
妊活における最重要課題は妊娠できる身体作り、体質改善です。
妊娠率・出生率の高い国では鍼灸が当然のように併用され、病院での治療を補完しています。
その役割を果たすためには、鍼灸師が正しい知識と高い技術を持つことが必要です。
このセミナーでは不妊で悩む多くの方を妊娠に導くスペシャリストを育成します。


目的

不妊鍼灸とマタニティ鍼灸

不妊ケアやマタニティケアを行うにあたり、女性・男性の生理学を理解することは当然として、全身との関わりについても熟知しておく必要があります。
鍼灸治療に際して、最初に行うべくは患者さんの心身の状態を正しく、深く理解することから始まります。
的確な四診(診断)のために中医学的な知識が必要なことは言うまでもなく、現代医学による情報を加えて総合的な判断を行い、施術を組み立てます。
心身の状態は人それぞれ異なるため、状況に応じたアプローチが必要となります。
臨機応変に、目的を正しく設定できる判断力を身に付けます。


講師紹介

講師紹介

日本における不妊・マタニティケアのパイオニアとして、作り上げた体系的なメソッドで18年間約10万人のケア実績を持つ、執筆・学会経験も豊富な施術者が講師を務めます。
〈鈴木元プロフィール〉
株式会社銀のすず代表取締役/院長
中医学から西洋医学、漢方や気功、アロマセラピーやハーブ、整体など、東西の医療を遍く網羅する知識で、各種スクール・セミナーで講師を務め、「漢方王子」としても人気を博し、さまざまなメディアへの出演や執筆・監修も多く手がける。
2005年株式会社天使のたまご創業。 当時は禁忌とされていたマタニティ鍼灸の礎を築く。
2016年天使のたまごを退き、株式会社銀のすずを創業。東西医学を総括した自らの理論に基づく不妊鍼灸を世に拡めるべく、不妊専門治療院銀のすずを開設。
鍼灸施術のみにとどまらず、生化学や栄養学を基に栄養指導に重点を置いたアプローチを行い、数多の夫婦を妊娠という奇跡へと導いている。

カリキュラム

①不妊症のための基礎知識~妊娠するための絶対条件~

①不妊症のための基礎知識~妊娠するための絶対条件~/span>

不妊症に関わるには、生殖に関わる生理学・解剖学、不妊専門クリニックでの治療法や薬の種類、使い方などを良く知っておく必要があります。
女性・男性それぞれの生殖器の構造と機能、妊娠に関わるホルモン、不妊症の原因と検査、一般不妊治療と高度生殖医療それぞれの流れなど、こうした一般的な情報については市販のテキストやインターネットの情報を見ていただければ良いと思います。
どこも見ても同じようなことが書かれています。
この講座では、さらに踏み込んだ情報についてお伝えしていきます。
一般的なテキストには書かれていない情報や曖昧な情報を論理的に捉えていきます。

~内容一部~

・問題は原因がわからない不妊~どう考えるか~
・卵子の質はどう上げる?そもそも上げられるのか?
・不妊治療のさまざまな疑問を知る
・免疫の仕組みと不妊
・精子がカギを握る
など


②不妊鍼灸治療~最大の目的とは~

②不妊鍼灸治療~最大の目的とは~

鍼灸が不妊症に効果があることはご存知だと思います。では、具体的に何ができて、何ができないのでしょうか。
妊娠には特に生活習慣が大きく影響するため、鍼灸を利用して体質・体調を整えていきます。
体質・体調を整えることは1回の施術では難しく、ある程度の期間継続して施術を行う必要があります。
とはいえ、患者さんにとって長期的な不妊治療は肉体的にも精神的にもつらく、できれば短期間で終わらせたいところです。
可能な限り最短ルートで妊娠という目的を達成するために何をすべきか、鍼灸治療をどう実践していくかにフォーカスを当てます。

~内容一部~

・病院医療との考え方の違い
・鍼灸が目指す最大の目的
・経穴と不妊~どの経穴を使う?~
・基礎体温と東洋医学~周期療法完全マニュアル~
・漢方(方剤)と薬膳、そして不妊
など

③不妊のための最新栄養学~人体は食べ物からできている~

③不妊のための栄養学~人体は食べ物からできている~

私たちの体は間違いなく、食べ物からできています。
卵巣や精巣、子宮も同様に食べ物からできていると言っても過言ではありません。
食事を摂り、消化して栄養素を吸収し、それを利用することで新陳代謝が行われています。
まさに生命の根幹にあるものが食事です。
基本的な消化と吸収の仕組み、栄養素の基本と代謝ルート、エネルギーであるATPの生成など、生化学によるメカニズムを分かり易く解明します。
また食事に関するウソと本当を、解説を含め進めていきます。

~内容一部~

・七大栄養素各論
・脂肪が悪い?
・減塩のウソ
・鉄不足は日本だけ?
・サプリを飲むと気持ち悪い?
など

  
④不妊のための日常生活アドバイス~うそと本当を見極めよ~

④不妊のための日常生活アドバイス~うそと本当を見極めよ~

世の中はたくさんの情報で溢れかえっています。
特に健康に関する情報はとても多く、かなり危険な間違いも多く目にします。

不妊治療分野でよくある間違いは、「移植後はお姫様のような生活を送ったほうがいい」という情報。
移植後に動くと受精卵が外に出てきてしまうという発想のようですが、余程のことをしない限り出てくることはありません。
むしろ移植後の子宮内の血流は良いほうが着床率は圧倒的に上がります。
すなわち移植後はいつも通りの生活を送ったほうが良いのです。神経質になる必要はありません。

このように誤った情報を発信しているサイトがあり、患者さんの不安を掻き立てます。
この講座では不妊治療に直接的に関係する内容から日常生活で避けるべきものまで明確な理論に基づいて解説を行います。


~内容一部~

・ホットのペットボトルの危険
・よもぎ蒸しは危険だ
・風邪などの感染症は妊活の足枷になる
・ヤクルトの怖さ
・ミトコンドリアの世界


⑤不妊のためのトレーニング~個々の目的に応じたトレーニング~

⑤不妊のためのトレーニング~個々の目的に対応~

ヒトは動物である。これに反論はないかと思います。
動物である以上、動くことが前提の生き物です。
しかし、現代人は活動量が落ちていると言われ、多くの方が体感しているのではないでしょうか?

不妊に対して運動は必要なのでしょうか?
ヒトは個体差が大きいため運動の必要性が異なり、どのような運動が必要かをアドバイスもしくはサポートしていく必要があります。
運動やトレーニングと不妊症の関係を紐解いていきます。

~内容一部~

・運動のメリットとデメリット
・筋肉の存在理由
・有酸素運動と無酸素運動
・体の休め方
・妊娠できるトレーニング実践編

  
 
⑥不妊治療院運営~新規獲得、リピートが多い治療院作り~

⑥不妊治療院運営~新規獲得、リピートが多い治療院作り~

不妊治療に取り組む夫婦は、2021年で5.5組に1組、2022年では4.4組に1組と右肩上がりに増えています。
しかし現状、病院における不妊治療の成功率には限界があります。
そこで代替補完医療としての鍼灸の活躍が大いに期待され、不妊専門治療院のニーズはこれからもますます高まると予測できます。
病院とは異なるアプローチや他の治療院との差別化を図る必要があります。
現在当院が発信している情報は、他院にはないものばかりであるため、差別化ができています。
不妊鍼灸はここで受けたい、ここなら継続できるという信頼を得られる治療院であり続けなければなりません。
これから開業をお考えの方、すでに開業されている方にぜひお聞きいただきたい内容です。

~内容一部~

・新規を集めることが大切だが、リピートを増やす努力を怠らない
・やりすぎホームページは気持ちが引く・・・
・情報の少ないホームページは不妊には向かない
・移動中に情報を探している、つまりスマホのサイトが入り口となる
・物販に力を入れよ・・・患者様のために


⑦不妊と近赤外線、幹細胞上清液~

⑦治療院でできるその他のアプローチ

鍼灸治療をより効果的に行うために他のアプローチを併用することも良いでしょう。
当院では主に近赤外線と幹細胞上清液を使っています。


【近赤外線アプローチ】
スーパーライザーは身体の深部(約23㎝)にまで到達する直線偏光近赤外線を照射し、本来の治癒力を高める医療用光線治療機器です。
整形外科、ペインクリニック、眼科、美容クリニックなど多くの医療機関でも使用されています。
最近では、不妊治療クリニックでも導入され、卵子や精子の質、受精卵の着床への効果が期待されています。
鍼灸と近赤外線の相乗効果により施術の付加価値がアップします。
近赤外線の理論から鍼灸との併用の利点、活用方法についてお伝えします。


【幹細胞上清液を体内に入れる】
近年、再生医療において注目されている幹細胞は、不妊治療分野でも研究が進められています。
脂肪細胞由来幹細胞は、筋肉や軟骨、神経などに分化する「多分化能」を持ち、多様な細胞に成長することが可能です。
当院で扱う脂肪細胞由来幹細胞上清液は、再生医療安全確保法に準拠した方法で製造され、上清液の代表的因子であるVEGF、HGFは1000pg~/mL、エクソソームは500億個~/mLを最低保証濃度と設定されている世界最高峰品質かつ安全性の高いものです。
幹細胞と幹細胞上清液について、また鍼灸との併用方法を説明いたします。



受講クラス


スケジュール

申し込みの流れ

受講の申込

下記フォームもしくはメール、電話にて受講コースをお知らせください。

受講の通知

お申込み確認後、こちらより受講の通知をさせていただきます。

受講料のお支払い

振込先をお送りいたしますので受講料をお振込みください。
※振込手数料はご負担願います。

受講開始

入金確認後、1週間以内にこちらからご連絡を差し上げます。これを持ちまして受付完了とさせていただきます。当日お待ちしております。

アクセス

お問い合わせ

電話

03-6228-7380

Eメール

info@ginno-suzu.com



下記フォームを入力し、送信してください。
こちらから返信をしたします。


TOP